« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

木製プランター

屋上ガーデン用に木製プランターを計画中。業者さんと木の種類や制作方法を相談。木の種類もいろいろで、屋外で土を入れて使うプランターは耐久性が一番。予算の都合もあるし、丁寧に作ったいいものでも高価すぎてはダメ。結局、レッドシーダー(米杉)がよさそうということに落ち着いた。いままで秋田杉で作ってもらっていたから、国産杉でもいいのかなとも思うし。あとはお客さんとの相談だ。

南国産の木は10-20年もつものがあるそうだけど、乱伐されてそのままらしい。なるべく環境破壊のない材料を考えたい。

野菜の世話

隣の爺さんに2週間ほど前にキャベツとカボチャの苗をいただいた。去年はプランターに植えて失敗したので、とりあえず庭の日当たりのよい場所に植えた。

今朝、庭に出ていたら爺さんが声をかけてきて、キャベツ用の化成肥料、虫よけのオルトランを少し分けてくれた。そしてグッドアドバイス「キャベツの周りに虫よけの網を張るといいよ!」

ちょっと微妙かも!?カボチャには期待しているけど。

神様の道具

ここ1週間で1年でいちばん花がきれいな時期がやってきた。特に市街地は暖かいので、丘の上より早い。バラも咲きだした。人から、「さくらさんが植えたんでしょ?」と言われることもある。大きく成長してきれいに咲いている植物を見て、植えた本人も驚いてしまう。そんなときはマザーテレサの言葉を思い出す。「自分は神様の道具にすぎない。神様がおっしゃる通りに働いているだけだ」と。

マザーテレサはいつも貧しい人のことを考え、思いついたら即行動し、その人間性で多くの人に影響を与えた。現代なら女性企業家にもなれそう。本棚にマザーテレサの本をUPします。

酢と重曹

今日は久々に外へ出かける予定がない日。外は雨模様でガーデニングもできない。こんな日は家のお掃除に専念できそう。

床、家具などのふき掃除に酢と重曹をお湯に溶かして使っている。キッチンの油汚れにもいいし、なんにでも使える。ただし、2度拭き(二回目は水拭き)しないと酢がべたつく。木の床や階段はつやつやしてくるし、自然な材料だから体にも優しい。家庭用洗剤を何種類も買うこともない。本当に便利です。

重曹(ベーキングソーダ)について詳しく書いてある本を本棚にUPします。いろんな使い方があるのにびっくり。

自分の庭の植え替え

玄関前の一年草花壇のパンジーを抜いて、黄・オレンジのナスターチウムを植える。一年草花壇といっても半分は宿根草が植えてあるので、その合間に植える感じ。玄関前はなるべく明るく、いつも何かの花が咲いているとうれしい。夏以降はカラミンサの白い花が咲いてくる。

Image110 花壇にはビバーナム・オプルス(オオデマリの仲間の低木)が植えてある。植えてから3年ほど、今年初めて花が咲いた。白いガクアジサイに似た清楚な花。赤い実がなるのも見られるかな。

庭の隅になぜかススキが生えていて、そのままにしていたらかなり大きくなった。クレマチスを植えるため、ススキを取ろうとしたらかなり大変。シャベルで30分も格闘して掘り上げた。これで椿の木にクレマチスを絡ませられる!

蕗採りとパン作り

今朝ご近所さんと蕗採りに行った。ふきのとうを採りに行った同じ場所。意外にまだ茎が細かった。来週はもっと成長して太くなるかな。とりあえず、一週間分のおかずになりそうな量を収穫。

ご近所さん宅でパン捏ね機で粉をこねている間(強力粉を買ったけど、パンを作る暇がない話をしたら、家の機械を使わせてもらえることに)、蕗も茹でていただく。ありがとうございます!!お天気がいいので、パン種を外に置いたらよく膨らんで順調に発酵しているようだ。

どんなパンになるのか楽しみ!

2時間後、出来上がったバターロールは優しい味。はじめてにしては上出来。唯一の失敗は発酵するとき、濡れふきんの代わりにキッチンペーパーをパンにかぶせていたら、はがれなくなってしまったこと。むりやりはがして形は悪くなったけど、味には影響なくてよかった。

植えかえ

この3日間植えかえのお仕事。お天気にも恵まれて順調に終了。

土曜の市で使う花を選び、日・月・火曜でいろんなところへ植えてきた。場所はいろいろだけど依頼主は1つの会社。1か所は仙台サンプラザの前の大きな寄せ植え3ケ。サンプラザではコンサートをよくやっている。楽天スタジアムに行く途中なので、人通りの多いところ。

他には、2か所の宿根草花壇の隙間に一年草を植えた。余った花は大小30ケのプランターに寄せ植え。夏らしいマリーゴールド、ナスターチウム、ガザニア、ユリオプスデージーなどなど。黄色オレンジ系の明るい感じになった。

さすがにちょっとつかれたので、一休み。

夏への準備

今日は五月晴れ。仙台は昨日より10℃も高い25℃まで気温が上がるそう。うちのサツキも咲きだした。もう、パンジーも終わりかけ。そろそろ夏向きの一年草の時期。特によそに植えているのは、汚くなる前に植え替えなければ。

明日、花市場へ行ってよさそうなものをチェックして、来週初めに植えかえだ!

恵みの雨

今日は朝から大粒の雨ふり。約10日ぶりなので乾燥していた地面がしっかりうるおって植物にはうれしい。

2月にお庭の一角のデザインを依頼されたお客様のIさんから、「完成したので見に来てください。」と招待され訪問。私はデザインのみで、Iさんご自身でアーチを塗り替え、レンガの小道を敷き、植物を植えた。Iさんの個性あふれる、フェアリー(妖精)が現れて遊んでいきそうなかわいらしい空間になっていて嬉しい。そのうちKaroo Garden HPにUPします!

ベロニカ

Image094 ベロニカ・ゲンチアノイデスがさきはじめた。去年種まきして今年初めて開花。白っぽいグレーの花で丈は30cm伸びて咲いた。楚々とした涼しげな花。薄紫のジェラニウムの隣でいい感じ。

ベロニカ‘ジョージアブルー’は濃いブルーの花。這うタイプで丈は10cmぐらい。ベロニカは一気に咲いてあっという間に散ってしまうのが残念。オオイヌのフグリもベロニカの一種。

写真は週末にUPしま~す。

発芽

4月末にまいた種が発芽しているのを発見。ポレモニウム3種とダイセントラ、セファラリア1種づつ。茶色の土だけだった鉢に緑の点々を遠くから見つけた時は、わくわくする。改めて本を開いて、植物を確認する。

種から育てるのは、苗を買ってきて育てるのとは違って、花が咲いたときの喜びは倍増。たくさん苗ができれば庭の条件が異なる場所に植えて、どこが適しているか比べることもできる。

これから夏にかけて水やりはかかせない。どこかに出かけると苗が心配になる日々がやってくる。

母の日アレンジメント教室

某ホームセンターのイベントで母の日に自分で作ったフラワーアレンジメントをあげよう、という企画。通りがかりにワンコインでつくれるのでとっても気軽。主催者も最初は予算など細かく言っていたけど、途中から花を多めに使っていいことにしてくれた。

午後から子供たちが集まりだして、自由に作ってもらった。大人が教えようとすると子供は固まってしまってダメみたい。人が増えて手が回らないのもあって、女の子のグループの一人に、「友達にも教えてあげて」と頼んだら、楽しそうにやっていた。他には子供より、ついてきたお母さんや、おばあちゃんが夢中になるケースも・・・。ある年配女性は大作を作っていたけど、自分へのご褒美かな。

完成するとみんな満足そうに帰って行った。私もとっても楽しめました。

カラーコーディネイト

昨日は雨が降らず、今日は風が強い。タイツリソウだけまだ植えていないのだけど、ペンステモン‘ハスカーズレッド’の後ろに植えようと思う。このペンステモンは紫の葉で白い花。タイツリソウのピンクと合いそう。その後ろには白のカサブランカの球根が植えてあってもう6本ほどにょきにょき伸びていて楽しみ。

白のタイツリソウは白のクリスマスローズと合わせようかなぁ。まだ未定。

秋に植えた赤いパンジーは終わりかけ。黄色のスイセンとの組み合わせは良かったのだけど、フウロ草(薄い紫)の花が早くも咲きだして、いま一つ色が合わない。色だけでなく派手なパンジーと自然風のおとなしい花は相性が良くない。

ガーデニング日和

5月はガーデニングに最適の季節。今年は例年より植物の開花も早い。よそのガーデニングばかりやっていて自分のところは後回しになっていたけど、やっとはじめた。

水の好きなプリムラ・チンゲンシス(黄色のサクラソウ)、ギボウシ・オーガストムーンを植える。ギボウシも湿った土地にぴったり。既に6種類持っているけど、少しずつコレクションしたい植物のひとつ。あと、紫葉のツワブキとサラシナショウマ、タイツリソウのピンク、白花もどこに植えようか迷ってしまう。どれも日蔭向きの植物。今日は午後から雨の予報なので、午前中はまさに植えつけ日和。

鉢植えの植え替えもまだ手つかず。お仕事いっぱいだ!!

Hawsのジョウロ

Hawsのジョウロはとても使いやすくて有名。うちには以前からあって6リットル入るプラスチック製。全体のつくりのバランスがいいのでたっぷり入っても小ぶり。お客さんに頼まれて2リットルのを仕入れたときも、「こんなに小さくて2リットルも入るの!」と驚かれた。Hawsはイギリスの老舗メーカー。プラ製だけでなくスチール製もあるので予算に合わせて選べる。

うちのは先の部分が壊れて買い替え時かな・・・と思ってホームセンターに行ってみたら300円で売っていた。先の部分は蓮の実って言うんですね。知りませんでした。当分、今のジョウロを使い続けられそう。

マスコットJr.

うちのマスコットの鳩のつがいが隣に巣を作って卵を温めている。隣の爺さん曰く、うちの木は剪定されて居心地が悪くなったそうだ。鳩の夫婦はかわるがわるに仲良く卵を抱いているらしい。Jr.の誕生がたのしみだ。

爺さんからキャベツの苗とカボチャの苗をいただく。キャベツは去年も育てたけど、青虫のえさになってしまった。カボチャは子供の頃育てて大成功した記憶があるので、大事に育てようと思う。

連休の出来事

後半の連休はめまぐるしい日々だった。前半の2日は仕事で植栽。6,7月の陽気で汗だくになって土を掘り起こし、肥料を混ぜ、植物を植えてきた。成長すればいい感じの木陰の庭になりそう。かんかん照りは植えたばかりの植物の成育によくないので、今日涼しくて雨が降ってくれてうれしい。恵みの雨である。

後の2日はいとこと祖母が山形からやってきた。特にどこにも行かなかったけど、接待する。母も来て、てんやわんやの大騒ぎ。朝の7時には隣の爺さんがドアベルをピンポンピンポン鳴らしてお騒がせ。いつも静かな生活だから、たまには大騒ぎなのもいいのかもね。

温泉

岩手は温泉王国。今回は3つの温泉に入ってきた。一つ目は花巻温泉近くの「ひまわり温泉ぎんがの湯。」日帰り温泉で知り合いから無料券をもらったので行ってみた。ぬるっとした肌に良さそうなお湯。色は薄いマスカット色できれい。とてもいいお湯でした。http://www5f.biglobe.ne.jp/~makos-onsen/iwateginganoyu.html

泊まったのは台温泉「山の湯」。普通の家のお風呂という感じ。今回ぬるくていまひとつだった。前に泊まった時はそんなことなかったけど、残念。老夫婦2人でやっている宿。http://www.daionsen-iwate.com/yamanoyu.html

朝風呂に台温泉の中の日帰り温泉「精華の湯」に行く。山の湯から歩いて2,3分のところにある。ここは新鮮なお湯で気持ちがよい。お湯が出ているほうは熱くて入れないので、隅のほうに入る。台温泉のお湯は透明でちょっと硫黄のようなにおいがする。さらっとした肌触り。http://www.daionsen-iwate.com/seiganoyu.html

産直のおばちゃん

連休に岩手まで植物を仕入れに行ってきた。高速道路は緊張して疲れるので、普通道路をゆっくり3時間かけて走る。途中風景を見たり、産直に寄り道して地元のものを食べながら行くのが楽しみ。岩手は桜がいま満開で、いたるところで咲いていた。山の緑をバックに白い桜がきれい。道端にはスイセンも満開。

産直は9時前後にオープンするらしく、ちょうどおばちゃんたちが品だし中。たまたま私が手にしたシイタケを見て、「今朝、山から採ってきたシイタケだよ!そのへんの栽培のとは違うよ!」とのこと。たしかにバターでいためたらとってもおいしい。肉厚でエネルギーが凝縮している感じ。道の駅石鳥谷http://www.thr.mlit.go.jp/road/koutsu/roadstation/monthly/index_isidori.html

次の日の朝も別の産直に立ち寄る。早く出発したので空腹。甘いおもちを食べて、口直しに買ったばかりのキュウリを1本洗って歩きながらポリポリ。一人のおばちゃんが振り返り「そのキュウリおいしい?みんなに味が違うって言われるんだけど。私のキュウリよ!」みずみずしくてパリッとしている。家で味噌をつけたらもっとおいしかった。産直市場あぐりっこ金成http://www.kuriharacity.jp/kuriharacity/contents/kanko/leisure/kannari_agriculture.html

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »