« お客様訪問 | トップページ | 母校の新校舎 »

とりはむ

知り合いの大学生女子から、「とりはむがはやってますよ~。」と教えてもらった。鳥の胸肉がしっとりしたハムのようになって、つけ汁がおいしいスープになるそう。そのまま食べてもいいし、サラダなどなんにでもあうみたい。

ネットで調べてみると、作り方は簡単そう。でも塩加減や、熟成時間、などで味が違ってくるそうで、人によってできばえが異なるようだ。掲示板では意見交換が活発に行われて、とりはむファンがいっぱい。鳥はむの館

胸肉にはちみつを塗り、塩こしょうを多めにすりこむ。ジップロックに密封して冷蔵庫で2日間熟成。1時間水につけて塩抜きしてから、茹でる。沸騰したら火を止めて5,6時間放置する。私は放置する段階で仕事に出かけなければならず、10時間も置いてしまうことに・・・。

帰宅後に早速、うどんを作ってスープととりはむを賞味。スープは絶品でいままで食べたうどんの中で一番おいしいダシだった。でもとりはむのほうはその分味が抜けてしまったよう。やっぱり10時間は長すぎだよね~。

« お客様訪問 | トップページ | 母校の新校舎 »

道草」カテゴリの記事

コメント

今度作ってみよう。6時間までが限界なんだ。

冷やしたとりはむは、なかなかのお味でした。スープでご飯を炊いてチキンライスなどおいしそう!試行錯誤と経験を積んでマイとりはむを作ってみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209397/15913482

この記事へのトラックバック一覧です: とりはむ:

« お客様訪問 | トップページ | 母校の新校舎 »