« 銀泉台から白雲小屋へ | トップページ | 旭川 »

白雲岳から黒岳へ縦走

8月18日(月)

朝4時ごろ目が覚めてトイレに行ったら、もう東の空は明るくて満月に近いお月さまが輝いていた。もう星は見えず残念。山もきれいに見えた。眠れたせいか、昨日の頭痛もすっかり良くなってひと安心。

Img_0583 出発前に記念撮影

6時に出発、空気の澄んだすがすがしい朝。小屋を降りてすぐの所に水場があり、その奥の道沿いにダイセツトリカブトがたくさん咲いていた。

Img_0586

白雲岳は岩場が多いけれど平らな道もあり登りやすい。エゾシマリスがときどき遊びに来て和む。チッチッっという鳴き声が聞こえたけど、ナキウサギかな?姿は見せてくれなくて残念。頂上は見晴らしがとてもよく、雲がないので山々が360度、遠くまで見渡せた。南東方向に遠く雄阿寒・雌阿寒岳らしき山も見えて感動。

Img_0589 白雲岳山頂から見た景色

そこからお鉢平へ向かい、北海岳、間宮岳、中岳をまわる。遠くからは平らに見えるけどアップダウンは結構ある。花は少なかった。

北鎮岳のふもとに着く頃は雲が多くなり風も強く、登るのはやめにした。看板を風よけにしてパンをかじる。そこから雲の平におりた。チングルマの種がピンクに色づき一面に広がり、川のように見えた。コバイケイソウとのコントラストがきれい。自然ってほんとにすごい!コメススキがきらきら光って風になびいてきれいだった。7月頃のお花畑も見てみたい。

Img_0596 チングルマとコバイケイソウ

お鉢のふちにも植物が風を避けるように生きて咲いていた。黒岳石室を見学し(白雲岳避難小屋よりも泊まるのに勇気がいりそう。有料トイレは立派。)黒岳まで急な坂を上る。

山頂は人が多く雲がかかって見晴らし悪い。今朝の白雲岳は最高だったな~。

下りも岩が多く疲れたので、リフトを使って下りる。Mさんはリフトを使わず元気に歩いて行った。Mさんを待って15:40のロープウェーで一緒に層雲峡到着。

登山靴もなく、スニーカーで登ったので良く見たら靴底がもうボロボロ。Mさんにも「それで良く登ったわね.」と言われる。Mさんには花のこと以外にも登山道具や登山のマナーをいろいろ教えていただいた。

YHに着くと知床で会ったSさんがフロントにいて「みんなで寒くないかって心配していたんだよ~。」皆さんのおかげでとっても大満足な登山ができました。感謝!

« 銀泉台から白雲小屋へ | トップページ | 旭川 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

すばらしい景色!!
もしかしたら気圧が低い所だから頭が痛くなったのかもね。

寒いと血管が収縮するのか頭痛になりやすいみたいsad。冷房がきつい電車でもなったり。お風呂に入れば暖まって直るんだけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209397/42290223

この記事へのトラックバック一覧です: 白雲岳から黒岳へ縦走:

« 銀泉台から白雲小屋へ | トップページ | 旭川 »