« シーカヤックに挑戦 | トップページ | 層雲峡へ »

熊の湯・羅臼

朝8時のフレぺの滝展望台はまだ誰もいなくて、とても静かだった。知床連山がきれいに見える。でもどんどん雲が山にかかってきた。

Img_0514

展望台から見るフレぺの滝も素晴らしかった。YHのオーナーが夕べ話してくれた「知床は海と山でできている」ことがよくわかった。

Img_0516

その後まだまだ時間があったので、散策したくて自然センターで聞いたら、羅臼湖を勧められる。せっかくなので長靴を借り、クマよけの鈴、軍手、レインコートを買いそろえてバスに乗る。

運転手さんが「羅臼湖に行くの?今日は霧で厳しいよ。」と言ってくれたにもかかわらず「何も見えないわけではないですよね。」と無理やり乗り込む。せっかく一式そろえたのにあとには引けませんよpout

知床峠に差し掛かるともう真白でまったく視界がきかない。霧雨も降って散策どころではない状況crying。運転手さんに「どうする?」と聞かれたので料金表に書いてある羅臼温泉のことを尋ねる。「熊の湯っていう無料の露天風呂があるよ。女性用にちゃんと囲ってあるし 」と素晴らしい情報heart02を得る。さっそくそこで降ろしてもらうことにする。

バスには偶然もうひとり私と同じ考えだった長靴姿のMさんがいて、一緒に熊の湯へ向かう。旅は道連れというけれど本当だな~。熊の湯は熱かったけれど、ほんとにいいお湯でした。脱衣所にある十カ条が面白い。

Img_0521

Img_0522

熊の湯を出ると散策路があったので2人で歩くことにする。クマが出そうな道で、鈴があってよかった。知床には自由に散策できるところが少なくてがっかりだけど、羅臼にはいくつかあるらしい。どこにつながっているかよくわからない散策路を歩き続け、1時間ぐらいで車道に出た。おなかが減ったので羅臼のおいしい店でお昼にした。私はお刺身定食、Mさんは海鮮丼。たこの卵が乗っていた。羅臼昆布をお土産に買いこむ。

羅臼は田舎の漁港という雰囲気で、観光色の強いウトロよりもいい感じ。

思いがけないハプニングの日だったけど楽しい1日だった。

« シーカヤックに挑戦 | トップページ | 層雲峡へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お天気悪かったけどいろんな出会いがあっていいなぁ。
運転手さんは勝ったと思ったかも。

coldsweats01お客さんに乗るなとは言えないもんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209397/42268975

この記事へのトラックバック一覧です: 熊の湯・羅臼:

« シーカヤックに挑戦 | トップページ | 層雲峡へ »