« 岩手へ | トップページ | 思い出の花・エキウム »

藤三旅館

鉛温泉・藤三旅館に泊まった。日本一深い白猿の湯が有名。

初めてなので、楽しみ。湯治部はだれも泊まっていなくて静か。川の流れる音のみがザーザー。テレビの音も、仲居さんがドアをノックする音も消されるくらいだった。それ以外は、まぁ快適。

温泉は源泉かけ流し、加水・加温なしで最高だった。白猿の湯は昔ながらの雰囲気の3階まで吹き抜け、ちょっと熱めのお湯、立ってはいると首までつかる深さで血行促進、循環器系に良いらしい。とっても気にいった。

ほかに4つのお風呂がある。露天風呂にはいっていたら、川向うの崖に黒い小熊がよじ登っているのを発見。その後もしばらく小熊は崖で遊んでいた。従業員の話によると、崖の上には集落があって、クマに食べ物や家を荒されて大変だそう。

« 岩手へ | トップページ | 思い出の花・エキウム »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

いい所ですね。
さくらさんの首までくるってことは結構深いんだ。

温泉の周りは、桜の咲く前でちょっと残念でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209397/44810343

この記事へのトラックバック一覧です: 藤三旅館:

« 岩手へ | トップページ | 思い出の花・エキウム »