« 層雲峡 | トップページ | 北海岳 間宮岳 雲ノ平 黒岳 »

表大雪 赤岳 緑岳 小泉岳

7月17日(金)sun

6時にYHから銀泉台までバスに乗り、7時に登り始める。快晴で暑い。荷物が予想以上に重くて、2時間歩くとへばってきた。YHで借りた寝袋2ケのせいだと思う。しゃがんで花の写真をとるのも辛いsweat02

Img_0961

エゾノコザクラ

雪渓が4つぐらいあって急なのぼりがあった。荷物の重さでひっくり返らないように、慎重に歩く。途中、エゾノコザクラ・キバナシャクナゲ・エゾノツガザクラ・コマクサなど、いろいろ咲いているけど、お花畑?という感じ。コマクサ平も想像したより花が少なかった。私が期待しすぎたのかな?

Img_0967

コマクサ平up

10:30赤岳到着。YHのおにぎり弁当をほおばり、重い荷物を置いて、写真をまとめ撮り。黄色のスミレがいっぱい。きれい!

Img_1002

赤岳からのなだらかな稜線up。ウルップ草がたくさん生えていた。

11時に再出発。まず、今日泊まる白雲岳非難小屋を目指す。小屋に荷物を置いてからゆっくり花を見るため。

Img_1031

稜線にホソバウルップ草upが咲いている。もう終わりかけ。Mさんが10日前に見たときはまだ咲きかけだったそうなので、見ごろはほんの1週間ぐらいか?白雲岳を無視して小屋方向へ下っていく。

Img_1033

今日1番のすばらしいお花畑。キバナシャクナゲ・エゾノツガザクラ・チングルマが道の両脇にわ~っとカーペット状に咲いていてきれい。まさに雪渓が溶けた直後に咲いたばかりという感じ。春爛漫。コバイケイソウはまだ小さな芽を出したばかり。非難小屋の周りは気温が低いせいかな。

12:30小屋到着。荷物を2階に置いて、すぐ緑岳・小泉岳をまわりに行く。去年8月にすばらしかったクモマ草はまだ大雪渓の下に眠っている。

Img_1021

小泉岳へ向かう稜線にチョウノスケ草upの群落。花はチングルマにそっくり。葉の形が変わっている。Mさん、大歓喜で写真撮影。。

Img_0995

エゾタカネツメクサとエゾハハヨモギ。小さなベル状の花はイワヒゲup

シルバーグレーのヨモギの葉と渋い色の小さな花々が一面に広がっている。テキスタイルの模様のよう。

15時ごろ、頭上をヘリコプターが行きかう。物々しい雰囲気。まだ救助作業しているのかな?トムラウシのギザギザ山down(中央)もよく見える。なんだか魔王の山のよう。

Img_1016

小屋に帰ると、だいぶ人が増えていた。私の隣は札幌からの60歳代のご夫婦。話し好きの人のよさそうな方でよかった。窓から夕空の高根ヶ原と十勝連峰の山々がきれいに見えた。今日登ることが出来て、本当にラッキーだった。この風景を見ることができて・・・。みんなで口をそろえて、「幸せだな~。」

今日の新聞のコピーが貼ってあり、10人もの死亡者が出たニュースだった。その2日前に、彼らがこの避難小屋にも泊っていた、と隣のオジさんは興奮して話していた。何とも痛ましい事故になってしまった。ますますトムラウシが魔王の山に見えてくる。

夜になると山のふもとに街の明かりがキラキラshine。富良野の明かりだそう。あさってはあのあたりにいる予定。

明日は何とか雨にならないで。帰るまでは・・・。

« 層雲峡 | トップページ | 北海岳 間宮岳 雲ノ平 黒岳 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

一面のお花きれいでしたね。
そう、テレビを見ていつ登るんだろうと心配しました。
でも、お天気も良くてすばらいい景色でよかったですね。

みんなに心配かけてすみませんcatface
最強のsun女です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209397/45736087

この記事へのトラックバック一覧です: 表大雪 赤岳 緑岳 小泉岳:

« 層雲峡 | トップページ | 北海岳 間宮岳 雲ノ平 黒岳 »