« 春の足音 | トップページ | ホワイトアスパラガス »

庭仕事は瞑想である

10年以上ぶりにヘルマン・ヘッセ著「庭仕事の愉しみ」という本を手に取りましたが、久々に読んでみると、共感する部分がたくさんあります。

「この世の中は陰惨に見えますが、やはり春になると、どの花からも永遠の快活さが笑いかけます。」

「今年初めて庭に出て上着を脱ぐとき、わずかに生えた草の中に小さなクロッカスが生えて、ヤマキチョウがきらめきながら暖かい空気の中をひらひら飛ぶとき、それは何度見ても美しい奇跡です。」

「土と植物を相手にする仕事は、瞑想するのと同じように、魂を解放し、休養させてくれます。」 

ヘッセは庭から得たインスピレーションによって、多くの詩や小説、絵画を制作しています。

« 春の足音 | トップページ | ホワイトアスパラガス »

本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 庭仕事は瞑想である:

« 春の足音 | トップページ | ホワイトアスパラガス »