« お散歩 | トップページ | コルドバ メスキータ »

アルハンブラパレス

今回の旅の一番の目的、10年来の憧れ のアルハンブラ宮殿です。混んでいて行列だけど、お天気がいいので気持ちがいいです。朝日が街に反射して爽やか。

P1000654

宮殿へ行く途中、ガーデンの中を歩いていきます。

P1000712

池に映った木の陰と金魚

P1000662

P1000664

宮殿の装飾は繊細で素晴らしいです。

P1000666

木や石に彫った装飾、労力かかっています。

P1000675 

池や噴水、水路がいたるところに使われていました。水は生命の象徴だそうです。

P1000677

水の流れる音も心地よいです。小部屋を通って突然広い空間と池に出ます。

池に映る建物が美しい。

P1000679

有名なライオンの噴水は修復が終わったときいていたのに、まだまだ途中でした。取りあえずライオン達はパティオの真ん中に座っていました。確か10年ぐらい修復中なんですよね。

P1000687

宮殿のパティオ。

P1000699

P1000673

アルカサルではグラナダ全体を見渡せました。

P1000723

ガーデンの白い藤棚。ちょうど見ごろでした。

P1000745 

植栽はちょっとイングリッシュガーデン?

P1000752

つるバラがきれいに誘引されています。

P1000743

まるで絵のように見える風景。

ガーデンはあと1,2週間後にはバラが見頃になりそうで、少し残念。オレンジの木やラベンダーなど地中海性の植物が多かった。

P1000778

P1000779

なんだか有機的な街並みのサクラモンテ地区。モッコウバラ(早咲き)が満開でした。

P1000789

帰り道、 アルハンブラの向かい側の地区サクラモンテ、とアルバイシン地区をぐるっと歩いて見物しました。迷子になってしまう、くねくねした道です。

P1000792

ホテルのオーナーおすすめのバル、kikiを発見したので、サングリアとイカリングと小魚のフライを注文。めちゃくちゃ美味しかった。

ホテルに戻ってシエスタ。

P1000800

19時ごろ街に戻り、広場でのんびり大道芸を眺めながら、チュロスとチョコレートを注文。

P1000804

揚げたてのチュロスはサクサクふわふわで熱々のチョコレートに浸して食べたら美味しかった。長い生地を渦巻き状にして油で揚げてました。なるほどね。

P1000809

ベンツのかわいいミニバスに乗って夕焼けとライトアップのアルハンブラを眺めに出発。

P1000810

アルハンブラパレスの全景

P1000815

夕焼けでピンクに染まったシェラネバダ山脈

P1000821

狼男が似合いそうなお月様とアルハンブラ

P1000824

P1000825

川沿いの雰囲気のある通りのお土産屋さんや夜景を眺めて、22:30頃ホテルに戻りました。移動はバスを使ったけど、夜もけっこう安全でした。

« お散歩 | トップページ | コルドバ メスキータ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

おお♪ヽ(´▽`)/
アルハンブラ宮殿…


ヨ~ロッパのイスラム建築では
孤高の云々…(  ̄▽ ̄)
位しか知識がありませんが、
キレーなんでしょうね?

裏山シス…

この日はお天気に恵まれてラッキー、庭も風景もとてもきれいに見えました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209397/54616727

この記事へのトラックバック一覧です: アルハンブラパレス:

« お散歩 | トップページ | コルドバ メスキータ »