« 故宮博物院 | トップページ | インフルエンザの一週間 »

最後の締め

故宮博物院は見るものが多すぎて、翡翠の白菜や象牙の彫刻がある3階、絵画と陶磁器コレクションを眺めたらくたびれてしまって、午後3時に切り上げました。

18時から経絡マッサージを予約していて、そのお店の向かいにおいしい小龍包のお店があるというので、最後のお楽しみです。

ちょっとおしゃれなエステのお店で、100分で美白フェイシャルと全身アロマオイルマッサージでした。ここも日本語OK.

始めに電極を手に取りつけられ、健康診断。パソコンに自分の健康状態がすぐ映し出され、それが見事に的中していたのでびっくり。何でわかるの~?と聞いたら、それが経絡だそう。

私の症状に合うリラックスできるアロマ、ラベンダーと他2種類ぐらいのブレンドを選んでもらいました。シャワーを浴びてから頭頂から足先までマッサージ。温めた平べったい石も使って気持ちよかったです。

台湾ってエステ、足もみ最高!月1で通いたいぐらいです。

帰りに小龍包もいただきました。普通の小龍包と、タロイモの甘い点心、酸辣湯、空芯菜の炒め物を注文。とてもおいしかったです。お店の人も親切で小龍包の食べ方や、熱いうちに早く食べなさい、とか片言の日本語でアドバイスしてくれました(小龍包を食べたのは2回目だから?)。スープは小を頼んだのに4人分ぐらいあって、お持ち帰りして次の日の朝ごはんにしました。冷たくてもおいしかった。

« 故宮博物院 | トップページ | インフルエンザの一週間 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209397/56510784

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の締め:

« 故宮博物院 | トップページ | インフルエンザの一週間 »