« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

染色教室

お盆休み最終日、大先輩のお宅の工房にお邪魔して染色をしました。美大の同窓会の小品展で、Tシャツに装飾したものを一人1、2点チャリティーすることになり、大先輩が「うちにきて染める?」と誘ってくださったのです。

美大時代に選択授業でマフラーを染織したことがあります。あと子どもの時に祖母と一緒に絞り染めとか。
大先輩の工房の壁には絵画の小品が飾ってあり、染められたスカーフや帯がたくさん。
眺めているだけで楽しい。
自分の親世代の大先輩ですがキラキラがお好きらしく、ハサミなどの文房具にもデコしてました。チャーミングです。
P1010801
グツグツ
P1010804
布の素材によって同じ液から違うグリーンに染まりました。
P1010807
輪ゴムで絞り染めしたTシャツ。ストールは自分用。
今回は化学染料を使いましたが、草木染にも興味がわいてきました。

岩手山2日目

8月15日、まだ暗いうちから山小屋の中が出かける準備を始める音が聞こえてきて目が覚めました。皆さんご来光を見に頂上へ向かうらしい。私はそんな気力も体力もないので、山小屋の外で眺めました。

P1010785
風が強くて寒い。ダウンとレインコートを着込みました。
P1010788
雲海から姫神山がうっすら見えました。
明るくなるにつれ小鳥たちが鳴き出します。
P1010789
4:40頃ご来光。
朝ご飯を済ませて5:30出発。初めは足取りも軽いです。
P1010791
八幡平方面が見えます。
P1010792
綿のような雲海
P1010793
お鉢をぐるーっと周ります。風が強かった。
P1010794
お鉢の中に小山があります。
P1010795
眺望が見えないのは残念だけど、雲海もすごいです。まるで飛行機から見ているよう。
P1010796
一番高い部分が山頂です。
山頂の三角点に腰掛けて、しばし満足感を味わって6:30頃下山開始。
P1010797
9合目避難小屋で小休憩。ヨツバシオガマ、終わりかけ。
P1010798
あとは黙々と下りました。
P1010799
11:40頃、到着。長かったwobbly
焼走りの湯で汗を流し、盛岡冷麺を頂いてから仙台へ帰りました。
両足の筋肉痛が半端ないです。

山小屋にて

山頂制覇して、馬返しルート八合目にある避難小屋へ向かいました。

お鉢の内側にも植物が生えています。

P1010777_2

ものすごい砂地の下り坂を降りると9合目の小屋がありました。石造りでメルヘンチック。2階の窓からはしごで出入りしている人がいました。
ここは水がないのでスルーします。
P1010780_2
ウスユキソウが咲いていました。
P1010782
立派な山小屋。美味しい水が豊富に湧いています。中は3段の板の間があって、自家発電で電気もつくし、薪ストーブで暖かいし、毛布も貸してくれます。
疲れたので4時頃晩ご飯にして、耳栓とアイマスクで眠りました。寒くはなかったけど、背中が痛いので敷きマットを持っていけば良かった。

岩手山に挑戦

8月14日、一度登ってみたかった岩手山に行ってきました。難易度が高い山だと覚悟していたのですが、やはりきつかったです。

ルートは焼走り。前泊の八幡平温泉から車で10分と近く、なだらかな登りでコマクサの大群生があるからです。
朝7:30登り始めました。
P1010718_4
天然記念物の焼走り溶岩流からの岩手山。昔の噴火跡。
P1010729_4
溶岩のわきにある林道を登っていきます。クルマユリ。
P1010724_3
第二噴出口からの眺め。黒く見えるのが溶岩流。だいぶ登ってきました。
P1010727_2
ここからも山頂ははっきり。
P1010740_3
薄紫のクサボタン、レースフラワー、オヤマソバ(細かい白い花で至る所に咲いていました)
林道を抜けて砂地の歩きにくい道が続きます。でも道の両脇の斜面に花が多く、コマクサがまだたくさん咲いていました。
P1010741_2
ガスが出たおかげで涼しい。帰りはかんかん照りで暑かった。
P1010753_3
また林道が続きます。
P1010749_2
アスチルベ。
P1010755_3
道ばたにイワギキョウ
P1010757_4
山小屋で休憩。雄大な山頂が遥か彼方にそびえています。いつになったらたどり着けるの?ここからは急な登りです。
P1010758
さっき休憩した山小屋が見えます。
P1010761
 
イワブクロが斜面にへばりついて咲いています。
P1010762_2
イワギキョウ
P1010766
コマクサ 
P1010772_2
そして、頂上です!
予定よりだいぶ遅くなって13:30頃でした。ここから今晩の宿、八合目の山小屋を目指します。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »