« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

展覧会3つ

仙台市博物館で室生寺の仏像の展覧会が最終日だったので、行ってきました。

入場券購入にものすごい行列で、ちょっとびっくり。30分ぐらい並びましたが、中はスムーズに見ることができました。確か、大学時代の古美術研究旅行で奈良の室生寺に行っていると思うけど、記憶があいまいです。

国宝の2つの仏像は素晴らしかった。この世のものとは思えないくらい清らかで美しい。思わず拝みたくなります。後ろから見ると、衣のドレープの陰影も美しい!

その後、美術館へ移動し、ゴッホのひまわりへ。

最後に篠山紀信の展覧会を観ました。仏像とは正反対の俗っぽい感じがいいですね。こちらも見ごたえがありました。

同級生

お盆休みの後半に中学の同窓会がありました。

3年前に小学校の同窓会があったので、半数以上同じ顔ぶれだったけれど、前回話ができなかった人や、ほぼ初対面(違うクラスだった)の人とも話ができました。

当時隣の席に座っていたA君は、焼き鳥屋のオヤジになっていて、通勤の途中の東一市場に店がにあるというので、昨日さっそく行ってみました。あいにく店は貸切のようで入れなかったけれど、A君が料理している姿が見えました。

仕方がないので、東一市場内の別の焼き鳥屋に入りましたが、おいしかったです。ほかにもよさそうな店がいろいろあるので、試してみたいです。

中尊寺と薪能

毛越寺の後、文化遺産センターで歴史のお勉強をしました。

かわらけという素焼きのお皿(当時の宴会用使い捨て食器)が10トンも出土したそうです。どれだけパーテイしていたんでしょうね?!
P1020472
義経が自害したという高館へ行きました。見晴らしがいいところです。向かい川の山に大文字が見えました。
P1020477
中尊寺本堂。人が多いです。
P1020479_2
金色堂入り口。
前回来たのは中学の遠足でした。その後世界遺産に登録されて、博物館や標識の設備が素晴しくて分かりやすい。金色堂へ入る前に展示や映像で説明があるので、見所を実物でじっくり観察できました。
P1020480
金色堂の脇に楠の巨木。美しい竹林。
P1020486
お能は隣の白山神社の能舞台で行われます。かんざん亭で景色を眺めながら4時半の開演を待ちました。用意していた演目のあらすじを読んで予習。
P1020490
日が暮れて能舞台が浮き上がって見えます。初めての能でしたが、台本を片手に雰囲気を楽しみました。狂言はユーモアがあるんですね。後方の鼓と歌?で桃太郎侍が出てきそうでした。

平泉 毛越寺

8月14日の夜は中尊寺薪能が催されるのを知り、行ってみることにしました。この日は早朝から平泉観光をしました。

平泉は静かできれいな小さな町です。民家も庭先に花を育てて、こざっぱりしているところが多かったです。住宅地に突然小さな田んぼが出現したり、のどかです。
夜に駅前を散歩しましたが、暗くなるとお店やレストランも閉まっていて、昼間しか観光客がいない感じ。たまたまピアノ演奏のイベント中のカフェがあり、外で1、2曲聴かせて頂きました。
P1020449
早朝の毛越寺。まだ団体客は来ていません。
P1020458    
平泉はその名の通り平べったい土地に池が作られています。
P1020455
建物の土台のみが遺跡として残されています。跡地に佇むと何か下界とは異なる気を感じました。
P1020464
Peaceful

八幡平散策

今年は八幡平へ行ってきました。

8月13日の天気予報は晴れだったのに、山頂の駐車場は霧と強風で寒い。30分ほど車の中やレストハウスで待機しましたが、晴れる様子はないので登り始めました。
P1020410
山頂をすぎて八幡沼の展望台まで真っ白な霧の中。展望台を去ろうとしたらさーっと霧が晴れ素晴らしい光景が現れて感動!
P1020400
まるで北欧のような風景です。
P1020408
避難小屋もおしゃれに見えます。
避難小屋の先には湿原が広がっていて、池塘が点在していました。
P1020415
P1020430
青空と白い雲が映り込んでいました。
P1020413
ギボウシ
花は最盛期を過ぎていましたが、まだいろいろと咲いていて楽しめました。やっぱり7月に来てみたいです。ハイキングのように散策できて、景色がきれいでお得な山です。ちょっと尾瀬にも似ています。
さらに進むと源太森という見晴し台があり、遠くまでよく見えました。
P1020417
さっきまでの霧が嘘のよう。
P1020424
クルマユリ?
P1020440
トリカブト
P1020443
帰りには岩手山がきれいに見えました。
八幡平から見る岩手山はシャープな形です。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »