« 陶器の街 | トップページ | 関仔嶺温泉 »

故宮博物院

12月30日

2日間歩き回って疲れたので、故宮博物院にいくか、近くのヨガスタジオに飛び入り参加もいいな、と迷ったのですが、28日に嘉義にできたばかりの南院は予約制でもういっぱいで無理だと知り、台北の故宮に行くことにしました。

P1030441

朝食はまた隣のワンタン屋さん。おかみさんは「また来たの?」という顔をしていました。
ワンタン麺を頼みました。エビがプリプリして美味しい。
後から来た日本人3人もワンタン麺でした。

P1030442

故宮に行ってみると郎世寧の特別展がやっていて、私は知らない画家だったのですが、とてもよかったです。
イタリア人で清皇帝に気に入られてお抱え画家として中国に移住して絵を書いていたのです。
もともと油絵を勉強していて、洋画と中国画のコラボが大成功していました。
メインの人物、動物、花は郎世寧が描いて、バックの風景は他の画家が描く分業制でした。
そうでもしないとたくさんの皇帝の注文を制作できないしね。
お皿の絵付けも素晴らしい細密画でした。

展示で良かったのは絵に描かれた壺やお皿の実物が隣に置かれていたことです。さすが故宮博物院!
郎世寧もこの壺を見て絵を描いたのかも。

故宮は人ごみでレストランはいっぱいなので、士林駅のパン屋さんでお昼用にタロイモのあんぱんとフォカッチャを買ったのですが、とっても美味しい!とくにタロイモあんぱんがモチモチで甘さ控えめ、クリーミー!!帰りも買ってかえろうっと。

3時間ほど故宮を見学してホテルに戻りバックパックをピックアップして嘉義に向かいます。

P1030445

高速バスターミナル。嘉義まで3時間半かかります。

« 陶器の街 | トップページ | 関仔嶺温泉 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209397/62972240

この記事へのトラックバック一覧です: 故宮博物院:

« 陶器の街 | トップページ | 関仔嶺温泉 »