« 故宮博物院 | トップページ | 阿里山の初日の出 »

関仔嶺温泉

12月31日

嘉義からバスで1時間の山の中に小さな温泉街があって、台湾で唯一の泥温泉だというので日帰りで行ってきました。
大晦日というのにお客さんは少なくて、とてものんびりできました。
気候も穏やかであったかい。仙台だと5月ぐらいの気候かな。公園の中を通ったらいい香りが漂って、心も体も癒される。銀木犀みたいな花が咲いていた。

P1030449

ブーゲンビレアもよく咲いています。

P1030448
年取ったら冬はこういう所でのんびり過ごしたいわぁ。

P1030447

露天風呂は混浴で水着と帽子着用でヨーロッパのスパみたいです。
泥湯はドロドロしているかと思ったけど、普通のお湯っぽかったです。色は泥色だけど。
他にサウナや水風呂もありました。
お風呂の外ににデッキがあり、そこでくつろげるのでリラックスできました。肌寒くなったらお湯につかれます。
2時間半ほどゆっくり過ごしたおかげで肩こりと風邪ぽさがよくなった気がします。
その上お肌ツルツル。やっぱり泥効果あるんだわ。

嘉義に戻って、初日の出に備えてからだの暖まる夕食を食べようと街をぶらついていたら、賑わっている鍋のお店があったので、入ってみました。

P1030451

カウンターに1名分ずつ鍋と具がセットされます。

これは日本の鍋物風なのかな?

P1030452

ご飯か麺がセットで私はご飯で雑炊を作りました。

オプションで注文すれば、肉や海鮮をトッピング出来ます。

味噌、醤油、お酢、薬味にネギとニンニクと唐辛子があって、自分好みに味付けできます。

おでんの練り物のような具がいくつか入っていたけど、すごいモチモチしていて美味しい。白菜も入っていて、これで100台湾ドル=400円ぐらいでお腹いっぱい!

からだも温まって今夜に備えます。

 

« 故宮博物院 | トップページ | 阿里山の初日の出 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209397/62975826

この記事へのトラックバック一覧です: 関仔嶺温泉:

« 故宮博物院 | トップページ | 阿里山の初日の出 »