« 3年ぶりの台湾 | トップページ | 故宮博物院 »

陶器の街

12月29日

鶯歌という陶器で有名な町にいってみました。台北から電車で1時間です。
近くに三峡という老街もあり、バスで10分なので、ついでに行ってみましたが土産物屋ばかりでがっかりでした。修学旅行の学生らしき人も多かった。
P1030434

P1030433

P1030435

三峡には煉瓦造りの建物が並んでいます。

P1030436

藍染工房、お休みみたいでした。でも可愛い庭、発見。

P1030437

陶芸博物館があり、地元の陶芸の歴史を紹介していました。植民地時代に日本からの影響も多かったそうです。

近くに「地球の歩き方」に載っている有名な牛肉麺のお店があり、入ってみました。

メニューに牛肉麺と牛肉湯麺とあって、スープ入りのがいいので牛肉湯麺を頼んだら肉がない素うどんがきてびっくり。周りの人のは牛肉の角煮が乗っていたので牛肉麺のほうを頼んだのかな!?まあ、スープは良い出汁だったし、うどんは手打ちのモチモチで美味しかったけど、ちょっとショック。やっぱり写真付きのメニューがあるといいな。

P1030438

鶯歌には小さい陶器屋さんがたくさん並んでいるのですが、店によってピンからキリで、お茶道具や壺などの陶器が売っています。安いのが3つで100元とかあるけど、ダイソーで買えそうな感じ。
一軒一軒眺めていくと、ヘタウマな手描きの絵が付いた店があり、なぜか気に入ったので、パイナップル柄の茶壺と湯のみ2ケを買いました。店の家族で絵付けをしているそうです。
妹さんが店番していて、お兄さんは偉い陶芸家らしい。

朝食にホテルの隣の店の辛いワンタンがとても美味しかった。庶民の店ですが、のりピーも来て食べている写真が貼ってありました。

P1030439

のりピー、若い!

 

« 3年ぶりの台湾 | トップページ | 故宮博物院 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209397/62972118

この記事へのトラックバック一覧です: 陶器の街:

« 3年ぶりの台湾 | トップページ | 故宮博物院 »