« 阿里山の初日の出 | トップページ | 帰国 »

台中

1月1日 午後

初日の出を見た後、お昼頃嘉義に戻り、ホステルに預けた荷物を取って台中へ向かいました。
台中から桃園空港まで高速バスが出ています。

さすがに疲れたので、ホテルの近くの有名な豚足レストランで早めの夕食をとり、近所の台中公園をぶらっとしただけにしました。

P1030478

台湾テデイベア協会?の熊の置物が至る所に。

P1030477

ジョギング熊

P1030475

ちょっと和風熊。

大きな池があって、市民の憩いの場でした。

1月2日

台中には植物園と美術館があるので行くことにしました。

P1030494_3

Ficus fistulosa ライチのような小さな実がいっぱい。桑の仲間だそうです。

P1030496_2

マングローブみたい。

P1030497_2

P1030499_2

Pometia pinnata 番龍眼 あの食べる龍眼かな?

植物園は公園の中が台湾の地域別の植栽がされていて興味深かったです。亜熱帯から熱帯、海岸地域とか7つぐらいの特色があるようです。

P1030479

立派な温室がありました。

P1030480

滝があります。

P1030481

P1030482

大きな実がなっています。Pandanus utilis

P1030485_2

シカの角みたい。

P1030489_2

P1030490_2

ストレリチアの一種。南アフリカを思い出す花。

P1030491_2

Pachystachys lutea

亜熱帯の植物を見ると、イギリスのコーンウォールのガーデンを思い出します。

植物園の中のベンチで一休みしていた時、手持ち無沙汰なのでかぎ針編みをしていたのですが、ふと気づくと、かわいい小さな姉妹がじーっと私の編み物を見ていたんです。お母さんが私に何か話しかけてました。中国語なのでわからないけど、興味あったんでしょうね。

その後美術館へ向かう緑道がフリーマーケットや大道芸で楽しかった。

P1030509

P1030510  

P1030514  

美術館ではお正月らしい派手な動物アートや若い芸術家たちの展覧会をやっていました。雰囲気は東京都美術館に似ています。

しかし、皆、自撮り好きですね。そんなに自分たちの姿を撮ってどうするの?

誰もいない隙をみて、写真を撮るのは一苦労でした。

とうとう明日の朝、空港に向かい仙台へ帰ります。
「台湾は半分日本、半分中国」とシンガポール女子が言っていた通りです。
道路に歩道が少なくて、車優先なのは怖いし、放し飼いの犬が多いのにはまだ慣れないけど。
人は親切で食べ物は美味しい、温泉も自然もある。
次回来る時は台東のほうへ行ってみたいです。

 

« 阿里山の初日の出 | トップページ | 帰国 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209397/62991103

この記事へのトラックバック一覧です: 台中:

« 阿里山の初日の出 | トップページ | 帰国 »