« 台湾の旅 2017 | トップページ | 台北 永康街 »

台北 故宮博物院

2日目;

午前は故宮博物院に向かいました。3回目なので余裕と思っていたらバス乗り場で迷って、到着したのは10時でした。
英語のガイドツアーが始まったところだったので、イヤフォンを借りて合流。
日本人の団体には日本語のガイドさんが説明しているので、立ち聞きしてもいいんだけど、肩身が狭いので。
去年と何が違うかというと、展示物の撮影OKになったこと。
最近は日本の美術館でも撮影OKが増えているようですね。
Dscn1700
陶器の枕
中にお金を入れて金庫代わりにしたそう。
Dscn1706
唐時代の陶製の女性像
こちらは色が剥離してしまいましたが、下の壷と同様に彩色されていたそう。
Dscn1710
西漢時代の壷、色鮮やかです。
Dscn1689
これは清時代だと思います。カラフルな磁器がたくさん。
Dscn1687
心香室;Studio of Fragrance from the Heart
数人の書家が同じ言葉を書いています。
いいなあ、我が家にも掲げたい言葉です。
聖書にも似た意味の言葉「Euodea ユーオーデイア」があります。

« 台湾の旅 2017 | トップページ | 台北 永康街 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209397/64922397

この記事へのトラックバック一覧です: 台北 故宮博物院:

« 台湾の旅 2017 | トップページ | 台北 永康街 »