« 太魯閣 燕子口 | トップページ | 足もみと美味しいもの »

故宮博物院

1月2日(火AM)

早朝6:07の列車に乗り、台北へ戻ります。特急チケットが予約できなかったので、準急で3時間半かかりました。台北に9:30に着けば1日観光できるし、電車の中で寝ていたので、意外に早かったです。
Dscn3038
台北駅から地下鉄に乗り換えて士林駅まで行き、バスで故宮博物院へ行きました。
台北はいいお天気。久々の青空。
Dscn2994
特別展で入れ物を特集していました。
こちらは銅製の蓋付きの入れ物でエナメルで花と蝶が描かれています(清)。
Img_0310
こちらはイスラムからきた壷を模倣して作られました。
写真付きで分かりやすい。
Dscn3017
翡翠の特集もやっていました。「長楽」璧(東漢)
ヒスイの円盤は悪霊を跳ね返すそうです。
Dscn3020
ヒスイの香炉(清中期)。透かし彫りが美しい
Dscn3019
龍、雲、鶴のモチーフでデコレーションされた細長い杯(清中期)
Dscn3025
台湾から日本の天皇に送られた屏風。日中戦争後に返却されたそう。
Dscn3031
緑のヒスイ、細かい作業です。
Dscn3032
チベットの大黒天(15世紀)青銅に金箔
日本の仏像とは全然違います。
Dscn3035
南天王(15世紀)小さい像ですがエネルギーに満ちています。
Dscn3010
元旦が入場無料だったせいか、今日は空いていました。
普段だったら人だかりで見るのがやっとの肉と白菜も余裕で写真に撮ることが出来ました。
Dscn3012
どうしてこれを作ったのか分からないけど、ユーモアのセンスがあったのでしょうね。
お正月からお宝を見ることが出来て幸せなひとときでした。

« 太魯閣 燕子口 | トップページ | 足もみと美味しいもの »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209397/66274021

この記事へのトラックバック一覧です: 故宮博物院:

« 太魯閣 燕子口 | トップページ | 足もみと美味しいもの »